雄勝そだての住人 [海産物販売]

http://ogatsusodateno.jp/

石巻市消防団 雄勝地区団

第1分団 部長

佐 藤  一 さん

雄勝町の漁師で、消防団員として活動する佐藤一さん。「雄勝そだての住人」のオンラインショップでは、旬の海の幸をお届け! 雄勝の山と海が織りなす豊かな自然、雨が降って山に染み込み、湧き水となって川に流れ海にそそぎます。 また海底からも伏流水が染み出す雄勝の海は豊富なミネラルを含む海となり、牡蠣・帆立・銀鮭・ホヤといった美味しい海の幸を育んでいます。漁師が想いをこめて育てた海の幸を、旬の味でご堪能ください。
カテゴリ食品販売/インターネット通販
店舗名雄勝そだての住人 [海産物販売]
所属消防団石巻市消防団 雄勝地区団
役職等第1分団 部長
お名前佐 藤  一 さん
住所〒986-1332 石巻市雄勝町小島字和田2番地1(地図
電話0225-25-6871 受付時間 9:00-17:00
FAX
ホームページhttp://ogatsusodateno.jp/
メールアドレスinfo@ogatsusodateno.jp
アクセス
営業時間
定休日
備考
  • 雄勝そだての住人
  • 雄勝そだての住人 作業場も間もなく完成!
  • 雄勝そだての住人 新鮮な海産物がインターネットで購入可能!
  • 雄勝そだての住人 新鮮な海産物がインターネットで購入可能!
  • 雄勝そだての住人 新鮮な海産物がインターネットで購入可能!
  • 雄勝そだての住人 新鮮な海産物がインターネットで購入可能!

 

 

rakuitiyou-i_title

石巻市消防団 雄勝地区団 第1分団 部長 佐 藤  一 さん

 

東日本大震災では雄勝町も津波に襲われ、流されたガレキにより「海が使えない」という状態となりました。
もちろん、佐藤さんが所有する漁船も4隻が全滅。生き残った船を地域の漁師が皆で使うという方法で海の仕事を再開しました。
海の仕事といっても、まずは海底を埋め尽くすガレキの除去が行われました。
8月には船も購入しなおし、翌々年には作業場も整備し、自分の仕事に関してはなんとか震災前の形に戻すことができました。
一方で、町の復興についてはまだまだ長い道のりがかかりそうだと話します。
「自分が手が出せない所、漁港や宅地の整備といった部分は、まだまだ復興には程遠いという印象。完全に震災前に戻すというのも、無理かもしれない。自分のように漁業をやってる者は海の近くに住みたい、船の見えるところに住みたいと言い雄勝に戻ってくるが、市街などに働きに出ていたものは、その近くでの仮住まいの方が生活が便利。実際、そのまま居を構える人も少なくない。宅地の高台移転が進められているが、若い世代は特に戻ってこないと思う・・・」
こうした厳しい現実の中、日本の大切な一次産業である漁業を育て、町を育て、人との絆を育てることをテーマに、佐藤さんは漁師の仲間と共に活動を展開。生産者と消費者の関係が近く、ともに食を紡いでいくような関係を作ろうとしています。

 

  • 自らの仕事や生活は震災前の形に戻すことができたが、町の復興には程遠いと話す佐藤さん。
  • 風評被害により出荷できなくなったホヤ貝。
  • 5年が経過した現在も、震災の爪あとがいたるところで見られる。写真奥は高台移転先となる宅地造成現場。
pagetop