GRIMP JAPAN 2020 開催!

 

 海外での競技会において日本チームが上位を独占するなど、近年、ロープレスキューの分野が再び熱を帯びている。こうした国際大会にて多くを学び成長させてもらった経験を日本国内の仲間たちと共有し、多くの災害救助関係者の救助技術の向上と標準化を目指そうというテーマのもと、日本初の国際的なロープレスキュー競技会『GRIMP JAPAN』が開催されることになった。2020年2月8日~9日に岡山県倉敷市で開催される本大会。運営メンバーの多くは海外で開催されている競技会にも積極的に参加してきた現役消防士たちである。

 大会内容は急傾斜地や高層建物などの足場が不安定で現場までの到達や搬送が困難な場所において、ロープを使用した救助活動技術を競うというもの。実想定に基づいた活動環境の中で、日頃の訓練において培われた成果を披露し、競い合う場であると同時に、災害救助に携わる関係者の意見・情報交換の場としてのロープミーティングを目的としている。

 出場チームは北は青森から南は沖縄まで、混成チームも含め全国17都道府県から10チームが集結。また、日本初の国際的なロープレスキューコンペティションと呼ぶにふさわしく、海外からもカナダや台湾のチームが参加。さらに、ベルギーにて「Grimpday」を主催しているナミュール消防からもチームの参加が決定した。

 

 

 

 

 


■ Rope Rescue Competition 2020 ■
開催日/2020年2月8日(土)・9日(日)
開催場所/ブラジリアンパーク鷲羽山ハイランド一帯

 
■ Rope Rescue Symposium 2020 ■
開催日/2020年2月10日(月)
開催場所/倉敷せとうち児島ホテル
参加費/2,000円(参加人数により変更する可能性がございます)
 

 

大会の詳細情報はこちらでチェック!
https://www.facebook.com/grimpjapan/

 

GRIMP JAPAN 2020 大会記念グッズ

 

 

 実災害対応に対応できるロープ救助技術の向上を目指し、日本初の国際大会として行われるGRIMP JAPAN 2020。

 記念グッズは「ロープ」を通じて全国各地から集う多くの消防士との繋がり・絆・想いを共有する「モノ」として企画。

 また、開催地である倉敷は西日本豪雨災害による甚大な被害を受けた地域。災害復興の一環として倉敷発祥のマスキングテープをラインナップするなど、様々な「想い」を込めたグッズになっています。

 

 

pagetop