平成28年度・第36回 安佐北消防団ポンプ操法大会 熱戦レポート

 

広島市安佐北区は同市の山側に広がるエリアで、区の面積は市内8区中で最大となっています。この安佐北区を災害から守るのが広島市安佐北消防団。17分団・667人(条例定数670人)により、日夜地域の安全と安心を守っています。
広島市では毎年9月に「広島県(市)消防操法大会」を実施しており、この大会の前哨戦となるのが各地区の消防団で実施される、いわゆる区大会になります。
広島市安佐北消防団では平成28年7月17日(日)に、広島県消防学校において安佐北消防団ポンプ操法大会を開催しました。本大会にはポンプ車の部に8チーム、小型ポンプの部に12チームが参加し、日ごろ鍛えぬいた技術を披露しました。

 

asakita2016_p_01

小型ポンプの部で第一のポイントとなる「集合」。いかに位置修正せずに、キチっと集合できるかが鍵となる。

asakita2016_p_02

ノズルを背にホースを担いで、火点に向かって猛ダッシュする指揮者。

asakita2016_p_03

訓練競技が進むにつれ地面の削れなどでコンディションが変わらぬよう、コースにはマットが敷かれている。

asakita2016_p_04

指揮者がノズルを構えてすぐ、水が送られてくる。火点標的に向け的確に注水する。

asakita2016_p_05

隣のコースではポンプ車の部が平行して実施される。

asakita2016_p_06

暑い中、審査員も会場を走り回り、厳正な審査を実施する。

 

asakita2016_p_07

日ごろ培ってきたすべてを出し切った参加選手の皆さん。優勝チームは、9月の県大会に出場します。

 

 

大 会 結 果

■ポンプ車操法の部■

 

 優勝 亀山分団
 準優勝 久地分団
 第3位 高南分団

 

■小型ポンプ操法の部■

 

 優勝 飯室分団
 準優勝 亀山分団
 第3位 三田分団

 

 

会場ではライズが売店を出店させていただきました!

 


 

写真・文:RISE取材班

 

pagetop