災害ボランティア支援情報[3月31日更新]

[3月31日更新・最終報] ボラセン閉所・高速道路無料措置終了について

 

2016年(平成28年)10月21日に発生いたしました鳥取県中部を震源とする地震で被災された方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。

 

この災害に対し、株式会社ライズでは本ページにおいてボランティア情報の提供を継続してまいりました。
2月5日には倉吉市災害ボランティアセンター開所以来、初めて残ニーズが0になるなど、着実に前進しているようであります。

 

こうした中、鳥取県中部地震から5か月を迎え、3月31日をもって倉吉市災害ボランティアセンターが閉所されることになりました。
地震の翌日の10月22日に同センターが開設されて以来、同センターには1800件を超える依頼があり、全国から延約4500人のボランティアが協力に駆けつけました。
また、3月31日まで延伸されておりました「災害ボランティア車両の高速道路無料措置」につきましても終了となります。
これらの現状を受け、株式会社ライズによる情報提供及びテクニカルボランティア参加の呼びかけも、3月31日をもって終了させていただきます。

 

皆様のご協力、誠にありがとうございました。

 

しかしながら、今後も継続し、ライズに出来ること、ライズだから出来ることを考え、応援して行こうと考えております。

 

今後とも皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます。

 

株式会社ライズ
代表取締役 伊木則人

 

 

pagetop