注目のPPE! 防火フード

 

これまでは完全防火着装状態であっても頭や顔周りにかけては素肌が露出し、襟首からの熱気侵入により首や肩周りの熱傷リスクが高かった。このリスクを回避すべく、諸外国では古くから防火フードが併用されている。日本では特別消火中隊発足に伴い東京消防庁が正式採用したことを契機に注目を集めた防火フード。平成29年3月に総務省消防庁より発出された「消防隊員用個人防火装備に係るガイドライン(改訂版)」において防火フードに求められる性能などが明記された。これにより各地で採用が進んでおり、今、最も注目を集めるPPEといえる。

 

人気の炭素繊維生地を採用! Eagle Carbon 防火フード

カーボン繊維(約80%)とパラ系アラミド(約20%)からなる炭素繊維生地を用いた防火フード。高い防護性能を備えるのはもちろん、他の耐熱性繊維に比べ軽量なのが特徴。また、繊維自体に脱臭性を備えているのもポイントだ。

 



Eagle Carbon 防火フード
 

 

世界中の消防隊員が愛用! COBRA 防火フード

米国において初の防火フードを開発したPGI社が誇る、防護面積が広く、伸縮性に富んだ最高レベルの防火フード。前面開口部の伸縮性に優れ、面体との相性も抜群。過酷な使用と繰り返しの洗濯にも耐える縮み防止加工が施されている。

 



COBRA 防火フード
 

 

あわせてご覧頂きたい商品



SRP-001-GH グラブハーネス安全帯用


SRP-002-GH グラブハーネス空気呼吸器用


アラミド繊維 空気ボンベカバー


アラミド繊維 面体カバー

 

 

pagetop