平成28年(2016年)熊本地震関連情報

 

本地震を「平成28年(2016年)熊本地震」と呼称。

気象庁発表

消防庁の対応

平成28年4月16日(土)3時30分

総務省消防庁災害対策本部発表資料より

震度5弱以上を観測した熊本県及び宮崎県に対し、適切な対応及び被害報告について要請するとともに、震度5弱以上を観測した関係消防本部に直接被害状況の問い合わせをした 震度5強以上の地域の消防本部とはすべて連絡がとれている

※16日01時25分以降の余震により、熊本県阿蘇市、菊陽町において、NTT及び衛 星電話ともに不通

応状況は以下のとおりである

14日

21時26分 消防庁災害対策本部設置(本部長:長官/第3次応急体制)

21時31分 各県に対し、適切な対応及び被害報告について要請

15日

5時30分 消防庁職員4名を熊本県(2名)、熊本市(2名)に派遣

消防機関の活動

平成28年4月16日(土)3時30分

総務省消防庁災害対策本部発表資料より

 

(1)緊急消防援助隊の活動状況
14日
22時05分 熊本県知事から緊急消防援助隊出動の要請
22時10分 消防庁長官から高知県知事および福岡市長に対し航空小隊の出動求めの連絡
22時10分 消防庁長官から福岡県、大分県、宮崎県、鹿児島県、佐賀県、長崎県、広島県、岡山県、兵庫県、高知県各知事に対し出動求めの連絡
22時20分 高知県航空小隊 日の出まで出動不可
22時35分 鹿児島県統合機動部隊 熊本県消防学校(進出拠点)に向け出動
(指揮隊1、消火隊3、救助隊3、救急隊3、後方支援隊2、通信支援隊1)
22時35分 岡山市消防局指揮支援隊 陸路で熊本県消防学校に向け出動
22時40分 大分県大隊 熊本県消防学校(進出拠点)に向け出動
(指揮隊2、消火隊9、救助隊3、救急隊7、後方支援隊7)
22時47分 長崎県大隊 熊本県消防学校(進出拠点)に向け出動
(指揮隊1、消火隊7、救助隊3、救急隊6、後方支援隊6)
23時15分 広島市消防局指揮支援隊 陸路で有明広域消防本部に向け出動
23時20分 宮崎県大隊 熊本県消防学校(進出拠点)に向け出動
(指揮隊2、消火隊6、救助隊3、救急隊6、後方支援隊3)
23時25分 北九州市消防局指揮支援隊 陸路で熊本県消防学校(進出拠点)に向け
出動
23時28分 福岡県大隊 熊本県消防学校(進出拠点)に向け出動
(指揮隊4、消火隊15、救助隊6、救急隊15、後方支援隊24、通信支援隊1)
23時40分 佐賀県統合機動部隊 熊本県消防学校(進出拠点)に向け出動
(指揮隊1、消火隊1、救助隊1、救急隊1、後方支援隊2)

15日
0時25分 福岡市消防局指揮支援部隊(福岡市ヘリ:ゆりかもめ)熊本県庁へ向け福岡市ヘリで出動
0時45分 福岡市消防局指揮支援部隊(福岡市ヘリ:ゆりかもめ)熊本医療センター屋上ヘリポート到着
1時13分 福岡市消防局指揮支援部隊 熊本県庁到着
1時15分 福岡市消防局指揮支援隊(福岡市ヘリ:ほおじろ)宇城広域連合消防本部へ向け出動
1時43分 福岡市消防局指揮支援隊(福岡市ヘリ:ほおじろ)宇土広域防災センターヘリポート到着
1時45分 福岡県大隊 熊本県消防学校到着
1時57分 福岡市消防局指揮支援隊 宇城広域連合消防本部到着
2時00分 北九州市消防局指揮支援隊 熊本市消防局到着
2時30分 福岡市消防局指揮支援隊は、指揮支援部隊長の命により宇城から益城へ転戦
2時35分 佐賀県大隊 熊本県消防学校到着
3時25分 福岡市消防局指揮支援隊 益城町役場に到着
4時08分 大分県大隊 熊本県消防学校到着
4時24分 長崎県大隊 熊本県消防学校到着
4時34分 広島市消防局指揮支援隊 有明広域(荒尾消防署)到着
4時57分 鹿児島県大隊 熊本県消防学校到着
5時13分 宮崎県大隊 熊本県消防学校到着
5時28分 岡山市消防局指揮支援隊 熊本県消防学校到着
5時40分 高知県ヘリ離陸
5時45分 福岡県大隊をはじめ、各県大隊が益城町内の住宅倒壊現場において救助活動中
7時00分 益城町役場内指揮支援本部にて関係実動部隊と調整
益城町内の被害の大きいエリアを分割し、各関係実動部隊の活動区域を決定のうえ活動を実施
8時30分 広島市消防局指揮支援隊 指揮支援部隊長から転進指示
(有明広域行政事務組合荒尾消防署→益城町役場)
10時35分 広島市指揮支援隊 益城町役場到着

16日
1時25分 地震発生
【迅速出動区分Ⅱ】6強:熊本県阿蘇、熊本県熊本
【迅速出動区分Ⅲ】6弱:熊本県天草・芦北、大分県中部
消防庁災害対策本部から熊本県、大分県に対応する第1次出動都道府県ならびに出動準備都道府県に対し、出動準備を依頼(陸上・航空とも)

※・岡山県、広島県、福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、宮崎県、鹿児島県、高知県ら163隊594人が出動中
※・警察、自衛隊と連携し、それぞれの区域を分担してローラー作戦を展開
・緊急消防援助隊の陸上部隊は、主に益城町の「辻の城地区」及び「古閑地区」において活動

→【4/15(金)11時までの活動状況】
・新たに救助された者はなし
・救急搬送(10件(15名))
→13時から16時まで、同地区において再度ローラー作戦を実施
活動延長し18時頃まで実施
(2)地元消防機関の活動状況(県内応援を含む)
消防隊 228隊(782名)(15日4時00分現在)
消防団員 4,374名(熊本県内16市町)(15日12時00分現在)
(3)県内応援の活動状況
15日
16時00分 県内応援隊26隊92名が現場活動中
指揮隊2隊(7名)、消火部隊4隊(16名)、救助部隊6隊(27名)
救急部隊7隊(23名)、その他部隊7隊(19名)

pagetop