掲載記事一覧

2020.04.14 西日本豪雨災害

あの日の広島 それぞれの想い 第三回

 平成30年7月6日。次第に強まる雨脚。当時高校3年生だった宮原和輝も、大雨警報により一斉下校の措置が取られ、早めに帰宅していた。自宅のある広島市安芸区矢野東の梅河団地にも18時05分の時点で避難勧告が出されたが、この段 … 続きを読む

2020.03.11 東日本大震災

東日本大震災から9年

9年前の平成23年(2011年)3月11日午後2時46分に東北地方太平洋沖地震が発生。 これにより発生した津波や、その後の余震などを含めた総称として「東日本大震災」と呼ばれています。 この災害で犠牲となられた方々に深く哀 … 続きを読む

2020.01.22 西日本豪雨災害

あの日の広島 それぞれの想い 第二回

 2009年(平成21年)7月のある日。テレビの前で、中村雅彦はニュース映像を見ながら唇を噛み締めていた。平成21年7月中国・九州北部豪雨。7月19日から7月26日にかけて、中国地方から九州北部にかけて激しい集中豪雨が襲 … 続きを読む

2020.01.22 コラム

令和元年台風第19号 ~現地レポート~

 2019年(令和元年)10月6日3時にマリアナ諸島の東海上で発生した台風19号(令和元年台風第19号/ハギビス)は、非常に強い勢力を保ったまま12日19時前に伊豆半島に上陸。台風の接近に伴い西日本から東日本の太平洋側を … 続きを読む

2020.01.20 コラム

チェーンソー防護用品クローズアップ!

 災害現場における障害物の除去や開口部の設定に活用されるチェーンソー。風水害対策や震災対策の装備として拡充が進められ、常備・非常備消防ともに高い配備率を誇る破壊切断器具といえる。そのチェーンソーの使用にあたり、労働安全衛 … 続きを読む

2019.10.01 西日本豪雨災害

あの日の広島 それぞれの想い 第一回

 2011年(平成23年)3月11日に発生した東日本大震災。多くの消防職員が「ボランティアとして何かできることはないだろうか」との思いを胸に抱きつつも、その一歩を踏み出せずにいた。今では大規模災害発生時に消防職員がその知 … 続きを読む

2019.07.18 西日本豪雨災害

西日本豪雨災害 あの日の広島 第四回(最終回)

想像を絶する大規模な災害に直面した際に、私たちは何ができるのだろうか。 その時、何をせねばならず、どこまでできるのだろうか。 これまでの経験が活かせた場面もあれば、想像もしない現実に打ちのめされもした。 あの日の記憶を、 … 続きを読む

2019.07.06 西日本豪雨災害

西日本豪雨災害から1年

昨年の7月に発生した西日本豪雨(平成30年7月豪雨)災害では、14の府県で275名の命が奪われるなど、大きな被害がありました。 この災害で犠牲となられた方々に深く哀悼の意を表しますとともに、被災された皆様に心からお見舞い … 続きを読む

2019.05.07 西日本豪雨災害

西日本豪雨災害 あの日の広島 第三回

想像を絶する大規模な災害に直面した際に、私たちは何ができるのだろうか。 その時、何をせねばならず、どこまでできるのだろうか。 これまでの経験が活かせた場面もあれば、想像もしない現実に打ちのめされもした。 あの日の記憶を、 … 続きを読む

2019.01.21 西日本豪雨災害

西日本豪雨災害 あの日の広島 第二回

想像を絶する大規模な災害に直面した際に、私たちは何ができるのだろうか。 その時、何をせねばならず、どこまでできるのだろうか。 これまでの経験が活かせた場面もあれば、想像もしない現実に打ちのめされもした。 あの日の記憶を、 … 続きを読む

pagetop