注目の消防車両 CLOSE-UP! 救助工作車 III型

 

左側面

 

左側面の積載状況。スカートボックスにホルマトロ製の大型油圧救助器具一式を集中積載している。また、交通救助の現場などで多用することから、車両移動器具を取り出しやすい位置に積載している。

 

現場での即応性を考慮し、ファーストアタック用にルーカス製の電動コンビツールも装備(積載庫の左右に各1台を装備)。専用マウントにより縦積みを行い、手前に倒して簡単に取り出すことができる。

 

車高の関係で重量物も腰高以上の位置に積載せねばならないため、前傾型マウントが多用されている。車両救助用支柱(Vストラットセット)は基部にヒンジ構造を備えるため、この機能を活用した取り出しやすい収納を採用している。

 

電動コンプレッサーはエア駆動系資機材への圧縮空気供給や、緊急消防援助隊として派遣された現地にて資機材メンテナンスを行う際などに活用。積載枠にコンセントを設置しており、写真のように引き出した状態で即座に使用することができる。

 

飛び石がヒットしやすいタイヤハウス周辺もLINE-Xにより保護が行われている。

 

 

pagetop