掲載記事一覧

2017.10.11 訓練・勉強会

1秒でも早く要救助者の下へ!! ドア開放勉強会

  災害現場において消防隊員の活動を阻むのが「施錠されたドア」だ。近年の住宅建物は快適性を向上させるべく、気密性を高めることで防音や断熱といった性能を実現している。加えて、防犯面の強化として多種多様な錠前の採用 … 続きを読む

2017.09.20 訓練・勉強会

Grimpday 2017 JapanChallengeProject 現地レポート

  ベルギーで毎年6月に開催されているロープを使用した救助技術の世界的な競技会「Grimpday(グリンプデイ)」に、日本国内の消防士を中心とした有志の救助関係者がチームを結成し、日本から初めて挑戦するというチ … 続きを読む

2017.08.02 訓練・勉強会

暗闇に包まれた山中で実施!! 第6回夜間山岳捜索救助勉強会

山岳対応GPSアプリ「ジオグラフィカ」製作者の松本氏によると山岳遭難の4割は道迷いといい、これが滑落の原因ともなる。近年ではスマホにアプリを入れることでGPSとして活用できるようになっているが、山岳遭難の多くを占める中高 … 続きを読む

2017.08.02 訓練・勉強会

重量物に打ち勝て!! ヘビーウェイトリフティング&クリビング トレーニング

日本国内では「都市型捜索救助(US&R)技術」として知られている「クリビング」だが、米国においては消防機関が日常的に用いる基本的手技として定着している。日本においても「あて木」として古くから救助活動に活用されてい … 続きを読む

2017.08.02 訓練・勉強会

大自然の中でロープレスキューを競う!Rias Rope Rescue Research Rally

ロープを使用した救助技術を競う国内大会として注目を集めるRias Rope RescueResearch Rally (リアスロープレスキューリサーチラリー。以下「R5」)。この大会は救助者としての心構え、ロープ及び各種 … 続きを読む

2017.04.23 訓練・勉強会

救出困難だった命を救いたい!災害を想定した訓練場を東京に作る!

  近年では都市型捜索救助技術にかかわる自主勉強会などが活発に実施されているます。 その一方で、こうした訓練を実施できる環境が、日本国内にはほとんど存在していないことをご存知でしょうか? 国内で最も有名な訓練施 … 続きを読む

2017.04.03 訓練・勉強会

第10回広島県消防活動自主訓練会

  広島県内の消防職員を中心に、自らの意志と責任で明日の消防活動について研究し、災害対応能力の向上を目指す「広島県レスキュー研究会」では、毎回一つのテーマを決めて自主訓練会を実施している。震災対応訓練や編み構造 … 続きを読む

2017.04.03 訓練・勉強会

東北地区自主勉強会

東北地方の消防職員が企画し広く国内各地から参加者が集まり実施されている「東北地区自主勉強会」では、平成29年1月21日と22日にかけ、新潟県・五泉市消防本部の協力を得て自主勉強会を開催した。この勉強会には講師として都市型 … 続きを読む

2017.04.03 訓練・勉強会

第12回CSRMスタッフ養成コース

Confined spaceとは身動きがとれない程の狭隘空間を指し、地震などによる建物倒壊や土砂崩れなどの現場で要救助者が脱出不能に陥っているその場所と言える。こうした空間での活動技術が「CSRM」と呼ばれるもので、国内 … 続きを読む

2017.04.03 訓練・勉強会

第4回渋消式火災防ぎょ勉強会[群馬県]

  消火分野に関する勉強会の代名詞として知られる渋消式火災防ぎょ勉強会が、群馬県消防学校を会場として開催された。第4回となる今回は北は青森から南は沖縄まで、全国78消防本部から約170名の消防人が集結。1日目の … 続きを読む

1 / 212
pagetop