掲載記事一覧

2019.03.08 警察機関

警視庁 機動隊対抗レスキュー競技大会 2018

 警視庁では昭和47年に機動隊の中に「機動救助隊」を発足させ、技術向上や士気の高揚を目的に昭和56年より「機動隊対抗レスキュー競技大会」を開催。33回目となる大会が、平成30年12月5日に東京都立川市にある総合警備訓練場 … 続きを読む

2019.01.21 消防本部・消防署・消防団

荒尾市消防団×荒尾消防署 連携についての取り組み

 大量放水による流量主義から、内部進入により必要最低限の水で戦う効率主義へというように、近年の火災防ぎょ戦術は大きな変化を見せている。その根底にあるのが火災性状の変化であり、放水や換気の方法によっては延焼拡大などの危険要 … 続きを読む

2019.01.21 消防車両紹介

注目の消防車両 CLOSE-UP! エネルギー・産業基盤災害対応型消防水利システム

 東日本大震災では各地で大規模危険物火災や危険物漏洩などが発生した。これを教訓とし、総務省消防庁では石油コンビナートや化学プラント等のエネルギー・産業基盤での災害に対処する緊急消防援助隊のユニットとして、平成26年度にエ … 続きを読む

2018.10.23 警察機関

警察署の災害への対処能力を高めろ!! 警視庁・警察署対抗レスキュー競技大会

 警視庁では警察署の災害対処能力向上を図るべく、警察署対抗レスキュー競技大会を実施。都内に97ある警察署のうち予選を勝ち抜いた11の警察署からおよそ100名の警察官が集結し、技術を競った。  競技は、女性警察官を含む1チ … 続きを読む

2018.10.23 消防本部・消防署・消防団

資機材を極める 三連はしご×座間市消防本部

 神奈川県の座間市消防本部では救助基本操法や資機材の諸元性能などを徹底的に理解し、その上で、安全・確実・迅速な基本的活動の「その先」を目指すため研究に余念がない。例えば三連はしご。取り扱いの基礎のキソといえる75度架梯に … 続きを読む

2018.10.23 消防本部・消防署・消防団

災害対応能力を高めろ!! 第2回徳島県警防技術交換会

 火災対応に関するスキルアップを目指した取り組みが各地で盛り上がりを見せている。去る平成30年3月16日、徳島県消防長会の主催により同県消防学校において第2回徳島県警防技術交換会が実施された。この交換会は実践的な訓練を通 … 続きを読む

2018.10.20 警察機関

警視庁 東日本災害警備訓練施設

   警視庁は5月15日に、立川市緑町にある東日本災害警備訓練施設において同施設と警備部長査閲の模様を報道陣に公開した。この施設は東日本大震災等の教訓を踏まえ、国内の災害特性に即した実戦的訓練を安全かつ効率的に … 続きを読む

2018.07.05 消防操法大会, 消防本部・消防署・消防団

消防操法2018 強豪チームの操法訓練に密着!

 各地で本格的な操法大会に向けた訓練が行われている。県大会での優勝経験が豊富で、過去2回の全国大会への出場経験を持つ広島県の福山市消防団芦田東分団では2月頃より小学校のグラウンドや体育館での体力づくりをスタートし、現在は … 続きを読む

2018.07.05 消防車両紹介

注目の消防車両 CLOSE-UP! 救助工作車 III型

 栃木市消防本部では緊急消防援助隊として広域応援出動する際の肉体的疲労緩和を目的に、キャブバス型の救助工作車を製作した。この車両には見えない部分で新たな技術が採用されている。  近年の乗用車などは100を超える電子制御ユ … 続きを読む

2018.07.05 消防車両紹介

注目の消防車両 CLOSE-UP! TEISEN 多目的救助工作車 MRV

 国内最大級の消防見本市「東京国際消防防災展2018」が平成30年5月31日から4日間をかけ、東京ビッグサイトで開催された。数ある展示の中で消防関係者の注目を一気にさらったのが、本誌第9号で紹介した次世代型多目的救助工作 … 続きを読む

pagetop