掲載記事一覧

2019.01.21 訓練・勉強会

開講に向け準備中! ライブ・ファイヤー トレーニング

 日本ではホットトレーニングを体験できる施設が徐々に整備されてきているが、実際の火災現場の環境を再現し一連の火災対応について訓練できる施設は皆無に等しいのが現状だ。消防士としてのスキルアップを望んでも、実災害の現場にて経 … 続きを読む

2019.01.20 訓練・勉強会

平成30年度緊急消防援助隊北海道東北ブロック合同訓練

 阪神・淡路大震災の教訓を踏まえ、大規模災害などが発生した際に被災した都道府県内の消防力では対応が困難な場合に、全国の消防機関相互による援助体制を構築するため、平成7年に創設された緊急消防援助隊。その技術や連携活動能力の … 続きを読む

2018.11.05 お知らせ

TRES 2018 第20回テイセン車両・資機材研修会

 消防ホースや被服、防火衣、救助工作車をはじめとする防災車両などでおなじみの帝国繊維株式会社が、栃木県鹿沼市にある同社鹿沼工場にて第20回テイセン車両・資機材研修会「TeisenRescue Equipment Semi … 続きを読む

2018.11.03 消防操法大会

第26回全国消防操法大会 熱戦レポート

 全国の消防団員が消防技術の向上と士気の高揚を図るとともに、消防活動の充実発展に寄与することを目的とし、都道府県代表の消防団員たちが、迅速、確実かつ安全に行動するために定められた消防用機械器具の取扱い及び操作の基本につい … 続きを読む

2018.10.23 警察機関

警察署の災害への対処能力を高めろ!! 警視庁・警察署対抗レスキュー競技大会

 警視庁では警察署の災害対処能力向上を図るべく、警察署対抗レスキュー競技大会を実施。都内に97ある警察署のうち予選を勝ち抜いた11の警察署からおよそ100名の警察官が集結し、技術を競った。  競技は、女性警察官を含む1チ … 続きを読む

2018.10.23 消防本部・消防署・消防団

資機材を極める 三連はしご×座間市消防本部

 神奈川県の座間市消防本部では救助基本操法や資機材の諸元性能などを徹底的に理解し、その上で、安全・確実・迅速な基本的活動の「その先」を目指すため研究に余念がない。例えば三連はしご。取り扱いの基礎のキソといえる75度架梯に … 続きを読む

2018.10.23 消防本部・消防署・消防団

災害対応能力を高めろ!! 第2回徳島県警防技術交換会

 火災対応に関するスキルアップを目指した取り組みが各地で盛り上がりを見せている。去る平成30年3月16日、徳島県消防長会の主催により同県消防学校において第2回徳島県警防技術交換会が実施された。この交換会は実践的な訓練を通 … 続きを読む

2018.10.22 西日本豪雨災害

西日本豪雨災害 あの日の広島 第一回

想像を絶する大規模な災害に直面した際に、私たちは何ができるのだろうか。 その時、何をせねばならず、どこまでできるのだろうか。 これまでの経験が活かせた場面もあれば、想像もしない現実に打ちのめされもした。 あの日の記憶を、 … 続きを読む

2018.10.22 西日本豪雨災害

緊急特集 西日本豪雨災害

 平成26年8月20日に広島県広島市の北部、安佐北区や安佐南区の住宅地等で発生した大規模な土砂災害。積乱雲が数珠つなぎになって線状降水帯を形成する「バックビルディング現象」により局地的な豪雨をもたらし、これが大規模な土砂 … 続きを読む

2018.10.22 商品クローズアップ

難燃ストレッチ消防団員活動服 ANS-R

「訓練の先に現場がある」「現場で使いやすいものは訓練にも使いやすい」というコンセプトのもと、消防・防災分野で着用される機能的制服・活動服の開発で定評のある株式会社マナユニットとのコラボレーションにより、実戦(現場)・操法 … 続きを読む

pagetop